ワンナイトラブの相手を簡単に見つける方法とは!?

ワンナイトラブの相手を簡単に見つける方法とは!?

ワンナイトラブとは一言で言うと「一夜限りの関係」です。

 

 

ワンナイトラブをする方法や、実際に行った人の体験談等をまとめたサイトです。

 

ワンナイトラブの攻略方法を公開中!

 


当サイトではライターさんを募集してワンナイトラブの体験談や経験を集めてサイトにしております。

 

 

ワンナイトラブの体験談を集める中で分かってきたこと

 

 

 

予想通りでもありますが、ワンナイトラブをする年齢層は比較的若い印象を受けました。特に20代から30代の前半まででワンナイトラブを経験している人が非常に多いです。

 

 

私の感覚ではワンナイトラブを経験している人は少ないのかな?と思っていたのですが、意外にも記事を募集してみると沢山の体験談がすぐに集まりました。

 

 

特に女性の場合はリアルでは誰にも言えない経験ですが、意外と経験者が多いです。

 

 

ギャルやチャラい人が行っているように思えますが、普通のOLの方や清楚系の大学生も非常に多いですね。

 

大学生や結婚をしていてもワンナイトラブを求めている女性、男性は実は結構多いことがわかってきました。

 

 

ワンナイトラブが起きる理由とは?

 

沢山の理由や原因がありますが、男女共に言える事は「失恋や恋人関係で問題」が起きた場合が非常に多いです。

 

 

彼氏にフラれて寂しい

 

彼女にドタキャンをされる

 

失恋をして何もやる気が出ない。

 

 

こういったマイナスの要素がワンナイトラブを生む最大の要因だという事が見えてきました。

 

 

またもう一つの要因として普段とは違う環境です。

 

 

初めてクラブに行ったり、クリスマスにナンパをされる。

 

他にも初海外旅行でイケメンの外国人の方にナンパをされたり。

 

実は女性も体の関係を求めている人も多い。

 

普通に私生活を送っているだけだと起きない人でも、ちょっとした刺激的な事があるとワンナイトラブが起きる場合があるみたいですね。

 

 

 

後悔をする人が実は少ないのが特徴的

 

 

男性なら少しは理解できるのですが、私はワンナイトラブの記事を集めるまでは女性は後悔をする人が多い?と思っていたのですが、リアルな声として後悔をしている人の割合の方が少なかったです。

 

 

 

男女の合意があって生じている訳なので、後悔をする事も少なく、良い思い出として残っている人も多いみたいですね。

 

 

特に18歳から28歳ぐらいの年齢に体験をしている人が多い印象を受けました。

 

 

 

ワンナイトラブの相手を見つけるコツとは!?

 

 

男性、女性、両方に言える事ですが、パートナーがいなければワンナイトラブは起こりません。

 

 

また偶然的な出会いを待っていたとしても1年間ではチャンスが訪れないかもしれません。

 

 

出会いを自分から生み出さなければいけません。

 

 

具体的な方法として出会いの数を自発的に増やさなければいけません。

 

 

街婚、合コン、ナンパ、クラブ、スマホアプリ、色々と自分から出会いを増やす方法がありますが、てっとり早い方法がスマホを使って相手を探す方法です。

 

 

 

出会いアプリを利用している人は真面目な恋愛よりも、体の関係を求めている男女が比較的多いです。

 

 

アプリの使い方を間違えている人が多い!

 

 

出会いアプリを使う際には体目的の異性を選ぶべきではありません!

 

 

私の今までの経験上、普通の恋愛を求めている人の方が成功確率が高いです。

 

 

体目的の人ではなくても、異性との出会いを求めているのです。

 

 

さらに言うとアプリを使っている時点で、そういう関係性になりたい願望はあるけど、あからさまな体関係は嫌って話ですよね。

 

↓を利用しながら、まずは居酒屋に誘いましょう!

 

 

ラインを交換してからできれば1週間以内に約束を取り付けるのがコツです。

 

お酒を飲みながら、良い感じの雰囲気に持っていかなければなりません。

 

判断基準としては軽めのボディータッチをした時の相手の反応です。

 

向こうから誘ってくるような仕草や、ボディータッチが増えてきたら最後に一言「キスをしてもいい?」が最後の判断基準の言葉です。

 

 

そこでOKが出れば、その先ラブホテルに誘うのは凄く簡単です。

 

「人がいないところに行かない?」と誘うだけでOKです。

 

 

出会いアプリを使いながらワンナイトラブの相手を見つけることが一番効果があると思いますね。

 

 

おすすめの出会いアプリ!

 

 

1位 PCMAX無料登録は<こちら>

 

 

登録無料で利用可能!

 

18歳以下の方はご利用できません。

 

PCMAXはアクティブ会員数が50万人以上突破している大型の出会いが集まる空間です。

 

10年以上続いている安心して使える空間。

 

利用方法の流れは凄く簡単!

 

男性は無料ポイントで出会いまで持っていこう!!

 

@無料登録後に年齢確認を行う!

 

A魅力的なプロフィールを書く(ワンナイトラブ目的はあまり書かない方が良い)

 

B男性は無料ポイントを利用して出会いまで持っていく

 

C女性は無料で利用し放題(だから女性の利用が多い)

 

基本的には出会いの始まりとして、lineまで持っていくのがベストですね。

 

PCMAX公式サイト!

 

 

 

私自身今まで何人かセフレを作ることができましたが、女性の気分を乗せてあげながら、大切にしてあげるのがポイントです。

 

絶対に無理やりはダメだし、嫌がる相手には身を引くようにしましょう。

 

 

リアルでワンナイトラブをするならクラブがおすすめ!

 

 

 

 

 

 

あくまでもお互いに完全合意って形でなければいけません。

 

実際にワンナイトラブを経験した人の体験談を集めてみました。

 

 

ワンナイトラブに興味があったり、経験してみたい方はぜひ一度ご覧ください

 

 

ワンナイトラブ体験談

 

失恋をきっかけにナンパ師とまさかのワンナイトラブ

 

高校の同級生と4年振りの再開からのワンナイトラブした結果

 

 

結局男女の関係性って真面目な恋愛もあれば、年齢を重ねる事に刺激的な出会いや恋愛を求めている人も多いです。

 

性欲は男女関係なくある欲望で、それを満たす相手を探すって流れは一般的になりつつあります。

 

 

また今の時代はスマホの普及で誰とでも簡単に繋がる事ができるようになったのは一つ大きな理由になるのではないでしょうか!?

 

ワンナイトをした人の感想

 

アパレルの会社で働いている私は営業も兼ねて結構な数の取引先を担当しています。

 

 

アパレル業界だけに見栄えのいい女性もたくさん働いているのですが、基本的に仕事と恋愛は分けて考えるタイプですので今まで女性に手出ししたことはありませんでした。

 

 

 

正直魅力を感じる人もいるのですがやはり仕事に支障が出るのが嫌で、そんな時もグッとこらえるようにしているのですが、先日はまさかの火遊びに発展してしまいました。

 

 

ある日昼の外回りをしているとあるバイヤーさんから電話、普段からよく話はする方なので何か問題でもあったのかと思いきや、もし時間があったら新宿で夕食はどうかという誘いです。

 

 

 

まあ仕事絡みの食事、接待もある話ですので仕事として受けたのですが、いつもなら夜終わるのが遅い会社の割に待ち合わせが夕方の5時、行ってみるとどうやらお休みだったようです。

 

 

普段はおとなしいタイプのバイヤーさんなのですが、駆けつけた時にはすでにお酒が入っていて随分とラフな雰囲気、どうやら仕事の臭いがしません。

 

軽くお酒を飲みながらいろいろ話始めましたが、どうも彼女は彼氏と喧嘩別れしてきたみたいでずっとその愚痴が止まりません。

 

 

ちょっと面倒だなあと思いつつ、それでも大事な顧客さんですから真面目な顔して話を延々と聞いていました。

 

 

話をしてるうちにホトボリが醒めてきたのかやっと愚痴も終わりましたが、すっかり酔いがまわってしまってるのか今度は私の恋愛について根掘り葉掘り聞かれます。
あまり話したくないなあと思いつつも断れずに話してると、途中から性生活の話に。

 

 

どうも彼女は他の女性に彼氏を寝取られた感じのようでしたね。

 

 

 

そんな不満からか私にからむように聞き続けてるのですが、話から好奇心も見て取れます。
もしかしたら派手に見えて案外奥手なタイプなのかもしれません。

 

 

見た目きれいな人ですからモテるとは思うのですが、やっぱり男と女の間にはちょっとしたスレ違いもありますし、きれいだけど多少融通が利かないところがあるタイプなのかもしれません。

 

 

 

3?4時間も飲んでいるとお互い気も使わない雰囲気になってきて、そろそろ帰ろうとなったのですが、帰る駅までの道のりで彼女が腕を絡めてきます。

 

 

ニット越しに伝わる彼女の体のライン、酔ってるのでちょっとばかりHなことも想像しちゃいました。
もうすぐ駅に、と差し掛かったところで急に立ち止まる彼女、帰りたくないと言い出しました。

 

 

もう一軒行くしか無いかなと思いかけた時、彼女は私の腕を強引に引っ張っていきます。
彼女が向かったのは歌舞伎町裏のラブホ街、普段でしたらまず拒否するのですが、私も飲み過ぎたせいか歯止めが利きません。

 

 

仕事のことが浮かんで急にシラフになったのはシャワーを浴びてからでした。
これで大人の関係になっちゃったら取引どうなるんだろう?とかいろいろ考えてみるのですがあまりに急展開で結論が浮かびません。

 

彼女は彼女でヤケになっててどうしようか迷ってる私の気持ちも二の次で抱きついてきます。

 

もうどうにでもなれ、そんな感じで彼女と朝までという感じになってしまいました。
朝起きて何とも気まずい雰囲気が漂ってるのですが、溜まってた鬱憤を晴らしたかのように彼女は晴れやかな表情、私だけがなぜか憂鬱です。

 

 

私は遅れると会社に電話を入れホテルを出ました。

 

 

 

彼女はその日もどうやら有給でお休みするみたいでしたが、別れ際彼女が言いました。

 

「昨日のことは誰にも内緒ね。二人だけの秘密ってことで。」

 

 

 

もちろんそう願いたいと思い頷いた私は、すぐタクシーを拾って仕事に向かいましたが、それからしばらく取引先からの電話には戦々恐々として過ごしました。

 

幸いどうやら彼女もその辺の事情はわかってくれてるみたいで、それ以来は変な誘いはありませんでした。
でも正直なところ女性としての魅力は十分な彼女、黙っててくれるんだったらまたデートしたいと思いますが、面倒になりそうなので忘れることにしました。

 

 

ワンナイトラブは周りを見渡しても結構多い。

 

 

今後さらに一夜限りの関係性を作る為の空間やサービスが増えてくると個人的には思っています。

 

 

飲食店も出会いをベースとしたお店がかなり繁盛店になっています。

 

 

今の世の中は寂しさや孤独を感じている人が多くて、案外出会いを探している社会人が多い。

 

 

学生時代までなら放っておいても出会いを作ることができたのですが、社会人になれば普通に生活をしているだけだと新しい異性との出会いがありません。
そういう意味では出会いの幅を広げるチャンスがあれば、動いていくべきなのかもしれませんね。

 

 

不倫したい人におすすめ

 

 

※追記

 

ワンナイトラブのコツは【出会う場所を増やして、自分を高める】

 

女性も男性もワンナイトラブをするには相手が必要だ。ではどこで異性との出会いを増やすのか?

 

 

私自身改めて、沢山の出会いの場所を初心に戻ってクラブに久しぶりに行きました。

 

 

結果は撃沈

 

 

やっぱりリアルなクラブだと出会える数の限界もあるし、ライバルが多いと結果が伴わないなと。

 

 

だからこそ自分だけの出会いの形を増やしていく必要がある。

 

 

路上、ネット、イベント、ライブ、クラブ。異性との出会いは探してみればいくらでもチャンスはあります。

 

 

ワンナイトラブだけではなく、成功の要因は【量と質】を常に高め続けることだと思います。

 

 

当サイト一番の人気記事